--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/07 その他 COMMENT(0)  EDIT  TOP
開設早々ですが、
バーレーンに来てからブログの編集画面になかなかアクセスが出来なくなり、
問い合わせましたが原因が分からず・・。

ということでLivedoorブログでバーレーンの日記を書いていくことにしました。

新しいブログはこちらになります。

http://blog.livedoor.jp/jijibahrain/
スポンサーサイト

2014/12/01  車 COMMENT(5)  EDIT  TOP
バーレーンに来て6日。
書きたいことはたくさんあるのに、時間が追いつかず・・(笑)
でも今のところの感想を一言で言うと、
人が本当に親切で、想像以上に何でも手に入るし住みやすそうです^ ^

イタリア以上に車社会なので、到着翌日からレンタカーに乗っています。
車での運転もどれだけ皆荒いのかとドキドキしていたら
高速でも制限速度が80〜100キロのためか(イタリアは130キロ)
そんなにムチャなスピードを出している人はあまりいないし
むしろ今のところはイタリアの方が運転は荒いような印象・・(笑)

もちろんビックリするようなことは2回ありましたが・・
小さな道で反対車線をゆっくり逆走している車がいたり
高速の道の一部に穴(と言うほど深くはないけど)が空いていたり…。
(2日後には埋められていました)。

レンタカーを借りるときには、
Simoの会社の同僚が家からレンタカー会社まで送ってくれました。
Diplomatエリア近くのModaモールにあるBudget Rental Carという会社。
Simoの会社から事前に予約してもらっていたからかもしれませんが、
パスポートや国際免許を見せたりするだけで、手続きはスムーズでした。

日産のセダンで、値段は月に320ユーロほど。
チャイルドシートはイタリアから持って来ていたので借りませんでした。
ただ、こちらではIsofixという一番安全なチャイルドシートの型が存在しないそうで、
結局はただシートベルトで固定しています(笑)
マニュアル車ばかりのイタリアですが、ここバーレーンではオートマ車が一般的だそう。

ガソリンは先日初めて入れましたが、聞いていた通りとても安く、
目盛り2つ分まだガソリンが残っていたものの、
ほぼ満タンにして3ディナール(約6ユーロ)。

USドルでも支払えるというのでそうしたけれど、9ドルと言われ、
後で計算してみると、1ドル分ちょっとの手数料が取られていました。
ガソリンは2種類あり、どちらを入れればいいか分からず迷っていたところ、
レンタカー?」と聞かれ頷くと、黙って安い方を入れていました(笑)

そんなこんなでまだ毎日バタバタしていますが、
思ったよりもまだ困難もなく、楽しく過ごせています。
また時間のある時に、
アパート探しやショッピングのことなど書いていきたいと思います。

20141201IMG_5540.jpg
こちらはスタバやSeattle's Coffeeを始め、コーヒーのチェーン店がたくさん!
カフェラテ好きの私には嬉しい限り^^
値段は1.70〜2.40ディナールほど(約540円〜760円)で、日本より高め。
ただ、Sサイズでも大きくて飲みきれないほど(日本のLサイズ?)です。

20141201IMG_1218.jpg
到着翌日、今のアパートの近くにあるThe Coffee Bean & Tea Leafへ

20141201IMG_5546.jpg
ある日の夕方の景色。
夜ライトアップされたモスクは本当に綺麗。
2014/11/26  カタール航空 COMMENT(0)  EDIT  TOP
乗り継ぎのドーハの空港はあまりの広さと綺麗さにビックリ。
今年出来たばかりだそうで、納得。

大きな滑り台が幾つかある子供の遊び場があちこちにあるのと、
貸し出しのベビーカー(無料)があることに感動しました。
職員の人たちもとても親切で、
セキュリティの列に並んでいた私たちをわざわざ呼んで
優先の列に案内してくれました。

夕食時だったのでフードコートで簡単に食べたのですが、
中華やインド料理、レバノン料理などバラエティが豊富で悩み・・
結局バターチキンカレーを食べました^^
値段はカタールの通貨(リヤル)で書かれていて、
後で調べてみると、9ユーロくらいでした。

ドーハからマナマ(バーレーンの首都)までのフライトは1時間…。
離陸して飲み物を飲んだらもう着陸・・という感じで(笑)
ほんの20分くらいに感じてしまうほど近かったです。

乗客の1人がタカを手に乗せて飛行機に乗って来た時にはビックリ(笑)
母が以前カタール航空について調べてくれた時に、
「タカは一緒に乗れる」というのがあったのですが、
まさか本当にそんな人を見るとは思わなかったので・・。

偶然日本人のフライトアテンダントさんが乗っていて、
ドーハ在住の方だったのですが、とても親切にして頂きました^^

バーレーン行きの飛行機では、
赤ちゃんと乳母を連れて乗っているアラブ人の女性がいたり、
マナマに到着し飛行機を下りてゲートまでのバスに乗るところで
ドライバー付きの車がお迎えに来ている若い女性がいたり・・、
あまり他では見る機会のないようなお金持ちを結構目にしました^^
バーレーンでは住み込みのお手伝いさんも結構安く雇えるというので、
そんなにすごいことではないのかもしれません。

さて、こんな感じのフライトでしたが
カタール航空はこれからも乗る機会があるはずで、
なかなか良さそうなのでホッとしました。

ドーハ空港での夕食。
バターチキンカレーとグリルドチキン(どこの料理かは忘れました・・)
20141130IMG_1216.jpg

ドーハ空港の遊び場
20141130IMG_5538.jpg
20141130IMG_5537.jpg
タグ:ドーハ空港 * 
2014/11/26  カタール航空 COMMENT(0)  EDIT  TOP
11月26日夜、バーレーンに無事到着しました。
着いたのが夜だったので街についてはまだ何とも言えないのですが・・。

今回使ったカタール航空について、子連れの目線で書いておきます。
まずはミラノ(Malpensa空港)からドーハまで6時間の旅。
朝9時半発だったので7時半頃空港に着いたら、
バッグを預けるカウンターは全く待たなかったけれど、
カウンターでのチェックインは長蛇の列。
前日にオンラインでチェックインをしていて正解でした^^

ちなみに大人はチェックインの荷物は30キロまで1つ。
席はなかったMasaちゃんも、荷物は10キロまでを1つ更にチェックイン!
しかも手荷物として持ち込む予定だったボストンバッグまで、
なぜか預かってくれました(笑)

機内持ち込みの荷物は7キロまでもの1つと搭乗券に書いてあったので、
Simoのスーツバッグや私のボストンバッグ、お菓子を入れた小さなバッグなど
バラバラ幾つか荷物があったのでちょっと心配だったけれど、
子連れだったからおまけしてくれたのか、
それとも単にユルいのかは分かりませんが(笑)

チェックインカウンターでは大丈夫と言われ、
実際に搭乗ゲートでも問題ありませんでした。
(ベビーカーは搭乗口で預け、最終目的地のバーレーンで
スーツケースと一緒に出てきました。)

さて初めて乗ったカタール航空ですが・・とても印象が良かったです。
まず乗ってからはおしぼり(ウェットティッシュ)とキャンディが配られ、
その後bread stick(グリッシーニみたいなパンのお菓子)に
ドライトマトやオリーブのペーストのおつまみ。このペーストが本当に美味しかった。
お食事はチキン(サフランライスのようなご飯、お豆のトマトソース煮)か
ビーフ(マッシュポテト)が選べ、
共通して小さなお米のサラダにフェタチーズがのったもの等。
アリタリアの日本行きだと最近は、
必ずお米やパスタの一部が食べられないほど固くなっていたけれど、
カタール空港のお食事は上手に温められていてとても美味しかったです。

乗客はほとんどがアラブ系かインドの人。
アテンダントさんだけでなく、乗客の人たちも子供が好きな人が多かったので、
Masaちゃんはたくさん遊んでもらえてご機嫌でした^^
小さい子供が多いフライトだったので、気も楽でした。

カタール航空のバシネット
20141130IMG_5533.jpg
この壁に収納されているテーブルを開き、その上にベッドをくくりつけます。
テーブルに下からMasaちゃんが1度思いきり頭をぶつけたのと、
バシネットが場所を取り過ぎて奥の席だと動きづらかったので、
(どうせMasaちゃんはそこでほとんど寝ないし)付けない方が良かったかも・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。